D.S.(ダル・セーニョ)は超便利!?読めば分かる使える!(楽譜の読み方講座Vol15)

楽譜の読み方講座
スポンサーリンク

楽譜の読み方講座Vol15はD.S.(ダル・セーニョ)について解説いたします!
Vol13で触れたD.C.(ダ・カーポ)は最初の小節に戻るという指示でしたがD.S.(ダル・セーニョ)はセーニョマークのついた小節に戻ります!

さて、セーニョマークとはどんなものかと言いますと…

こちらです!
Sに※マークを合体させたようなマークのことを
セーニョマークと呼びます!

それでは譜例を見て見ましょう!

さて、ではD.S.(ダル・セーニョ)の意味をもう一度整理して見ましょう!

D.S.(DalSegno)=ダル・セーニョ

指示の内容:「この部分から”セーニョマーク”最初に戻る」
記譜する箇所:「五線の下」

そしてもう一つは復習になりますが、Fine(フィーネ)の意味も再確認してみます!

Fine=フィーネ

指示の内容:「D.C.もしくはD.S.した後ここで終わる」
記譜する箇所:「五線の下」

さて、この条件を踏まえてもう一度先ほどの譜例を見ながら演奏順番を考えてみましょう!

ルールに則って考えると…
A→B→C→D→E→F→C→D
となります!

いかがでしたでしょうか!
楽譜の読み方講座Vol15ではD.S.について解説いたしました。
次回はオクターブ記号について解説いたします!

記事では触れられていなかった部分や、さらに深い質問などがありましたら、ぜひSkypeを使用したオンラインレッスンをご受講ください。
今なら無料体験レッスンもございます。詳細は下記オンラインスクールHPより!

Pivo Music School 現役プロミュージシャンによる ピアノ・ボーカルのオンラインスクール 世界中どこでも対応
Pivo Music School

コメント

タイトルとURLをコピーしました