タイは便利!?タイの読み方、使い方をわかりやすく解説!初心者必見!(楽譜の読み方講座Vol10)

楽譜の読み方講座
スポンサーリンク

楽譜の読み方講座Vol10ということで、今回はタイについての解説です!

タイというのは同じ高さの音を結ぶ記号です。
結ばれた音符の後に来る音符を弾き直さずに前の音を継続します!

文章で書くと、これまで…という内容ですが分かりやすく譜面と演奏動画を使用して解説します!

この同じ長さの音を結んでいる記号が”タイ”と呼ばれるものです。
実際演奏してみると…

このようになります!
さらに分かりやすく、拍の内訳を表記すると…

上記のようになります。
最後にタイの初めと終わりの音符分の長さを足したときの音価を記載すると…

小節をまたいで音を継続したい場合や、楽譜を読みやすくするために”タイ”を使用するのはとても便利です!
楽譜を読む上で”タイ”には必ず遭遇しますので、この機会にマスターしてしまいましょう!

いかがでしたでしょうか!
今回はVol10ということでタイについての解説でした!
次回は繰り返し記号について解説いたします!

記事では触れられていなかった部分や、さらに深い質問などがありましたら、ぜひSkypeを使用したオンラインレッスンをご受講ください。
今なら無料体験レッスンもございます。詳細は下記オンラインスクールHPより!

Pivo Music School 現役プロミュージシャンによる ピアノ・ボーカルのオンラインスクール 世界中どこでも対応
Pivo Music School

コメント

タイトルとURLをコピーしました